• ホーム
  • ゾビラックスは点滴、内服薬、眼軟膏と症状に合わせて種類がたくさん

ゾビラックスは点滴、内服薬、眼軟膏と症状に合わせて種類がたくさん

2019年12月12日
危険なウィルス

単純疱疹(ヘルペス)や帯状疱疹の治療用に、一般向けの店で軟膏タイプのゾビラックスが販売されています。これ以外にも、同じ有効成分(アシクロビル)を含む内服薬(飲み薬)・点滴薬・眼軟膏・点眼薬なども販売されています。軟膏(外用薬)以外のタイプは医療用医薬品(処方箋薬)に指定されているので、医師の処方箋がないと購入することができません。

内服薬タイプのゾビラックスは、病院などでヘルペスや帯状疱疹と診断された時に処方されるケースが多い薬です。軟膏タイプも使用されますが、口内炎や性器の粘膜に発症した場合は内服薬で治療します。

ヘルペスウイルスが原因で結膜炎を起こすケースがあり、結膜炎の治療用に抗ウイルス薬(アシクロビル)が配合された点眼薬や眼軟膏が使用されます。ヘルペス性結膜炎は、子供が初めてヘルペスウイルスに感染した時に多く見られます。どちらか片方の目に発症することが多く、目の周りの皮膚の表面に水ぶくれができます。ヘルペス性結膜炎を発症したら、点眼薬または眼軟膏タイプのゾビラックスで治療をします。目の周囲に発症したら、軟膏タイプのゾビラックスを塗布して治療が行われます。

成人であれば単純ヘルペスウイルスに感染して発症したとしても、一時的に口唇または性器に水疱や潰瘍ができる程度で済みます。口唇・性器ヘルペスは非常に強い痛みの症状が出ますが、ある程度の免疫力があれば放置しても自然に治癒します。これに対して新生児・子供や免疫力が弱った成人が単純ヘルペスウイルスに感染・発症すると、脳炎を起こす場合があります。ヘルペス脳炎を発症すると、ウイルスが中枢神経や脳に侵入して炎症を起こします。脊髄炎や髄膜炎を起こす場合もあり、発症すると死に至る場合もある恐ろしい病気です。

ヘルペス脳炎を発症した場合には、点滴でアシクロビルが投与されます。点滴治療を行う場合には、1日3回に分けて点滴タイプのゾビラックスを点滴静注します。治療期間は2~3週間で、長期間にわたり入院することになります。

単純ヘルペスウイルスは、皮膚の表面の水泡や潰瘍以外の症状を発症する場合があります。結膜炎や脳炎を発症した際は、眼軟膏・点眼薬・点滴薬が治療に使用されます。ちなみにゾビラックス(アシクロビル)が発売される前はヘルペスウイルスの増殖を抑える手段がなく、免疫力が回復するまで待つ方法しかありませんでした。アシクロビルを含む医薬品が開発されたおかげで、単純ヘルペスウイルスに対して直接的に対応することができるようになりました。

関連記事
ドラックストアでもゾビラックス軟膏は買える!錠剤は通販で購入しよう

ヘルペス治療に使用されるゾビラックスには、外用薬(軟膏)と内服薬(飲み薬)の2種類があります。いずれも有効成分としてアシクロビルが配合されていますが、治療方法・効果の点で違いがあります。ヘルペスや帯状疱疹が皮膚の表面や口内・性器などの粘膜に発症した場合は、軟膏または飲み薬(錠剤)が使用されます。口内...

2019年12月10日
ゾビラックスは症状によって投与期間が異なる

一般的に医薬品を投与する場合は、治療や予防のために必要かつ十分な量を使用します。もしも投与量が不足すると、治療効果が不十分だったり、病原体が薬剤耐性を獲得して薬が効かなくなってしまいます。逆に必要以上に投与すると副作用が強く出る恐れがありますし、余分の費用がかかってしまいます。同じ薬でも、症状や目的...

2020年01月11日
ゾビラックスのジェネリック、アシクロビルなら価格を抑えてヘルペス治療

性器・口唇ヘルペスや帯状疱疹を発症した場合は、ゾビラックスの内服薬を飲むと効果的です。発症初期にゾビラックスを飲み始めると、数日程度で治癒させることができます。発症して空病院やクリニックに行って薬を処方してもらう方法がありますが、あらかじめ通販サイトを通して購入したおいた方が初期症状の段階で素早い対...

2019年12月16日
単純疱疹や帯状疱疹もヘルペスの一種?ゾビラックスで治そう

ヘルペス(単純疱疹)の病原体は単純ヘルペスウイルスで、1型と2型の2種類が確認されています。水疱瘡や帯状疱疹を起こす病原体は水痘・帯状疱疹ウイルスで、これは単純ヘルペスウイルスとよく似た構造をしています。単純ヘルペスウイルスの増殖を抑えるアシクロビルは、増殖メカニズムが似た水痘・帯状疱疹ウイルスの増...

2019年12月07日